自分に合った仕事を探す3つのステップ

自分と相性のいい仕事につきたいという人は多いようです。

 

自分に合う仕事を知るためには、3つの段階を順々にクリアしていくことが大事です。最初に、現状のことを文字化していきます。

 

仕事について不満足なことがある時は、仕事をどう位置づけているかを合わせて考えていきます。一気に終わらせる必要はないので、数日かけても、仕事の中身を文字にしていくようにしましょう。

 

わかりやすく仕事の内容をまとめながら、自分が大事に思っていることや、特に力を入れていることは何かを考えます。
仕事内容を文字にするというステップを、こまめに実行していくようにします。

 

仕事内容を文字にしたら、どの仕事を熱心に行っており、どの仕事がうまくいかず、どの仕事がストレスが溜まるかなどを見ていきます。一通りの分析が終わったら、楽しい仕事を集めます。

 

楽しい仕事内容を軸にして、ずっとやっていてもいい仕事をまとめていきます。夢物語のレベルでもいいので、やりたいことをずっとやっている自分を想像します。

 

 

何年も続けていけるイメージがわくか、それをしたいかを検討します。どんなジャンルに興味があり、何を続けていきたいと感じているかを書いて、頭の中を整理します。

 

個人で働きたいのか、どんなムードの会社で仕事をしたいかなども合わせて考えます。最後に、今まで書いたものをじっくりと読んでいきます。

 

今と将来をつなぐ流れを考えていきましょう。
これまでの作業で自分に対する分析を済ませていれば、考えもまとめやすくなっているでしょう。

 

自分にとって、適性のある仕事ができるように、努力をしてみてください。

 

トップページへ戻る