キャリアクライシスと転職活動について

最近問題になっているのが、仕事を変えるときに起こるキャリアクライシスです。

 

普通キャリアは経験とともに向上するといわれています。

終身雇用制が一般的だったころは、働き続けていれば自動的にキャリアは上がっていくものでした。転職ブームのころも、転職はキャリアアップと近い関係にありました。

 

しかし、必ずキャリアアップができる転職というのは最近では稀になってきています。ともすると積み上げてきた仕事のキャリアを転職をきっかけに失うこともある時代です。

 

なかなかキャリアアップできないことを言うのがキャリアクライシスです。

 

転職をしないリスクよりも、するリスクのほうが断然大きいという人も最近は多いのではないでしょうか。転職についてとくに用心深く検討しなければ、キャリアクライシスに陥ってしまうといえるでしょう。

 

仕事を辞めたいと考えることは誰にでもありますが、そこで一度踏みとどまることが大事です。

 

何となく転職をする、という転職の仕方は、キャリアクライシスまっしぐらといってもいいでしょう。滑りこみ転職をしたいという考え方を、特に30代も最後のほうになると転職のチャンスももうないということで持つかもしれません。リセットしてキャリアをまた積み上げることが仕事をすることではありません。

 

けっしてその場の気分に流されることなく、もう一回仕事のキャリアについて自分自身で振り返ってみましょう。

 

トップページへ戻る